日本CBMC理事長

青木 仁志

主の御名を賛美します。
世界96か国に広がる日本のディビジョンである日本CBMCも、今回で第20回国家朝餐祈祷会(National Prayer Breakfast)の開催を迎えることができました。
国家朝餐祈祷会はイエスの御名によって集まり、国と国の指導者のために祈る会です。

第1回は2000年11月に大阪の都ホテルで開催され、そこから毎年イエス・キリストの福音を日本の津々浦々に広めるという大宣教命令を胸にクリスチャン実業団が組織的に活動してまいりました。
「信仰とは望んでいる事がらを確信し、まだ見ぬ事実を確認する事である」(ヘブル人への手紙11章1節)とあるように信仰によって始めたことが、今では主の御力によって国内では大きな超教派の祈り会として主が用いてくださるようになりました。

今年のテーマは「キリストの平和を求めて」です。
今、日本の社会には少子高齢化や、福島の原発問題、様々な災害等の問題もありかつ財政面においても大きな課題があります。こういう時にこそ、われわれ一人ひとりが信仰の火を燃やし、霊の一致をはかって、日本社会にキリストの愛と平和を伝えていきましょう。

そして今年は東京オリンピックが開催される年でもあります。オリンピックはスポーツを通した人間育成と世界平和を究極の目的とした世界最大の大会です。
この目的が日本で成就するためにも、ともにこの国家朝餐祈祷会で祈ることができれば幸いです。

© 2019 日本CBMC事務局 CBMC Japan all rights reserved.  

CBMC_tel.png